料金が外貨表示なのはなぜ? of 裏DVD・無修正DVD安全ダウンロード講座 アダルト動画サイトセミナー3.0

Lecture6 料金が外貨表示なのはなぜ?

無修正動画サイトは料金がドルやユーロだてなのはなぜか!?

ご存じの通り、無修正の動画を日本国内で販売したり配布したりすることは日本の法律では違法行為となってしまいます。そのため無修正動画配信サイトはアメリカやヨーロッパを中心とした海外に拠点を置き(もちろんサーバーも)、その国の法律に則り運営しています。

当サイトでご紹介している殆ど全ての無修正動画配信サイトは、日本国内で撮影(作成)した作品を配信しており、登場人物ももちろん日本人で、当然サイト自体も日本語で運営されていますので、一見分かりずらいのですが、上記の通り全て海外運営となっている訳です。簡単に言うと日系の海外法人(企業)ということになります。

このような無修正動画配信サイトは、本来海外に住んでいる(赴任している)日本人をメインの顧客ターゲットとして運営しています。とはいえ、本音を言うとメインユーザーは、やはり日本国内在住の日本人です。

話が少し逸れましたが、そういうことで日系とはいえ、海外法人(企業)に料金を支払うわけですから、当然現地の通貨で支払うという考え方がごく自然な訳です。

ただ、ドルだてだろうがユーロだてだろうが、最終的にはその時の為替レートに合わせて、クレジットカード会社が自動的に円で決済しますので、特に何も心配する必要はありません。但し、入会時の為替レートは少し気にしておいたはほうがいいでしょう。当然、円高のほうがお得なわけです。

ちなみに、日本国内で無修正動画をダウンロードして個人的に楽しむことについては、違法にはなりませんので安心して下さい!

【追記情報】
最近は、長引く円高を背景に、日本円決済も可能な無修正動画サイトも出てきています。但し、基本的には$1.00=100円でのレート設定となっており、通常の$(ドル)決済に比べ結果的に割高となっています。従って、円決済及び$(ドル)決済が選択できるサイトについては、現在の為替状況を考えれば、迷わず$(ドル)決済を選択するべきです。

関連事項

無修正動画サイトの支払方法については、前項で説明しましたが、上記のような背景もあって、クレジットカード決済が支払の基本となっています。ただ、クレジットカードを持っていない、もしくは持っていてもアダルトサイトには使いたくないという人のために、銀行振込・郵便局振込・電子マネーに対応しているサイトもある訳です。

なかでも、その手軽さと匿名性から電子マネーでの支払いを検討するユーザーが増えており、国内でメジャーな電子マネーであるEdy(エディ)BitCash EX(ビットキャッシュEX)に対応した無修正動画サイトを探しているという人がとても多いようです。しかし、Edy(エディ)BitCash EX(ビットキャッシュEX)は、日本円での決済をする日本国内向けのサービスであり、ドルやユーロでの決済はできません。従って、海外運営のドルやユーロで支払わなければならない無修正動画サイトは、当然これらの電子マネーには対応しておりません。もちろん、国内運営の修正サイトでは、広く利用する事が出来ます。

やはり前項で説明しましたが、管理人が把握している限りでは、無修正動画サイトに対応している電子マネーは、現在のところCLIPS-USCLIPS-EUのみとなります。いずれも、コンビニ等で購入できるセキュリティーマネーゴールドのポイントをCLIPSのポイントに変換して利用するのが一般的です。(詳しくはコチラ>>を参照下さい)

【追記情報】
現在、V-PreCa(Vプリカ)というVISAカードの代用として使用することができるプリペイド方式の電子マネーが登場しています。V-PreCa(Vプリカ)は、うまく使用すると、殆どの無修正動画サイトで利用する事ができます。興味のある方は、コチラ>>(別サイト)を参照してみて下さい。

ページの先頭へ