無修正動画は合法なの? of 裏DVD・無修正DVD安全ダウンロード講座 アダルト動画サイトセミナー3.0

Lecture8 無修正動画は合法なの?

無修正動画をダウンロード視聴して大丈夫!?

日本国内(日本国内を拠点)にて、無修正動画を販売したり配布する事については、皆さんご存じの通り違法行為となります。そのため無修正動画配信サイトは、欧米に拠点を置きその国の法律に則り合法的に運営している訳です。それでは、日本国内で無修正動画をダウンロードして見る事も違法なのでしょうか?

現在の日本の法律では、日本国内(日本国内を拠点)にて、無修正動画を「配布した者」及び「陳列した者」を違法として処罰する対象としており、「配布を受けた者」「入手した者」はその対象とはしておりません。

従って、現在の法律の解釈からすると「違法行為には当たらない」という事になり、もちろん処罰などされることはありません。

利用者が個人的に楽しむために、海外に拠点を置いた法人(企業)の無修正動画サイトから無修正動画をダウンロードしても全く問題はないということです。

ただ、あなたが入手(ダウンロード)した無修正動画をネットで公開したり、友達などに譲ったりすると、厳密には違法行為となりますので注意が必要です。余談になりますが、YourFileHost等の動画共有サイトに日本から無修正動画をアップロードしているようなケースも見受けられますが、いくらYourFileHostが海外サイト(海外サーバー)とはいえ、日本国内在住の日本人が無修正動画をアップロードしてしまうと、日本の法律では違法行為となり処罰される可能性がありますので注意が必要です。

ちなみに、欧米では、無修正動画自体は合法なので、たとえ日本人向けの無修正動画を配信していても、その国の法律に則り運営されているサイトであれば、全く問題がないという訳です。もちろん当サイトでご紹介している無修正動画サイトは、このような適用範囲内で全て合法的に運営されているサイトのみとなっておりますので安心してご利用頂けます。

一応、最近のトレンドに合わせた注意点などを以下に「関連補足事項」として説明しておきます。

関連補足事項①~児童ポルノについて

上記の通り、日本国内で無修正動画を個人的に楽しむ事については、全く問題がないことはお分かり頂けたものと思いますが、その動画の内容について注意が必要なケースがあります。

修正・無修正に関係なく現状世界的に「児童ポルノ※」に関する規制が非常に厳しくなっており、もちろん配布するのは問題外ですが、たとえ個人的に楽しむ目的で所持していたとしても、今後処罰の対象になる方向性が出てきています。既に日本でも奈良県の条例で、単純所持を罰する法律が存在しています。従って、修正・無修正に関係なく、児童ポルノだけには手を出さない方が無難です。

また、余談になりますが、日本では今のところ違法とはなっていませんが、「獣姦モノ」などは、欧米では宗教的な観点等から違法となっているところもあります。「獣姦モノ」を扱っていた日本国内の修正サイトで、決済提携関係にあった外資系クレジットカード会社からクレームが入り、「獣姦モノ」の取り扱いを中止したケースなどがあり、日本国内にも若干影響が出てきています。

※児童ポルノ(Wikipedia抜粋引用)
児童ポルノとは、児童を被写体としたポルノのことである。

日本においては、児童福祉法や児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律で定義するところの児童、すなわち高校生などの青少年も含む18歳に満たない者を被写体としたポルノのことである。2007年には、17歳の女子高生がTバック姿で出演した作品が児童ポルノにあたるとして、出版会社社員が逮捕されている。

形式としては写真や動画像であり、媒体は書籍・雑誌やビデオテープ・DVDなどを用いたものの他に、ウェブサイトで公開されているものもあり、そちらは特に児童ポルノサイトという。

児童ポルノの対象には女子のみならず、男子(男児)も含まれる。男子に性欲を覚える小児性愛者、児童性愛者もおり、男子も被写体にされる。日本では、2008年4月に、乳幼児のおむつ換えのシーンや、小学生の入浴映像が「男児ポルノ」に該当するとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)が、自主規制を要望する動きに出ている。

なお、日本ユニセフ協会が法規制を求めている「子どもポルノ」とは、「18歳未満の児童および18歳未満に見える成人」に加えて、「実在しない架空の人物=児童アニメ等?」を対象としたものであり、協会の提唱した「準児童ポルノ」を含めたものをいう。

関連補足事項②~ファイル共有ソフト(P2P)について

Winny(ウィニー)/Share(シェアー)/BitTorrent(ビットトレント)など、今や実に様々なファイル共有ソフト(P2P)が存在しており、そのネットワーク上には無修正動画をはじめ色々なアダルトコンテンツが氾濫しています。

結論から先に申し上げると、ファイル共有ソフト(P2P)で、無修正動画をはじめとしたアダルトコンテンツのダウンロードはするべきではありません。(アップロードはもってのほか)ダウンロードするという事は、システム的に図らずもあなた自身のPCを中継して不特定多数のユーザーにアップロードしてしまっていることにほかなりません。(システムの内容についてはここでは割愛します)ファイル共有ソフト(P2P)の怖いところは、あなたが意識しているしていないに関わらず、扱うファイルによっては違法行為を犯してしまっているという事です。

例えば、そのファイルが無修正動画だとすれば、日本在中の日本人の場合、刑法175条(猥褻物頒布罪)に引っかかる可能性があります。それじゃ、無修正じゃなければいいのかという事になりますが、確かに刑法175条には引っかからないかもしれませんが、著作権の侵害を考慮しなければいけません。もちろん無修正動画については、当然のことながら著作権の問題も関わってきます。実際に逮捕者も多数出ていますので、利用するファイルについては充分注意が必要です。

更に、ファイル共有ソフト(P2P)を利用するという事は、ある程度ウィルスやスパイウェアー感染の覚悟もしておいた方がいいでしょう。いずれにしても、ファイル共有ソフト(P2P)でアダルトコンテンツを利用する事は色々な意味で非常にリスキーであることを理解しておくべきでしょう。

関連補足事項③~裏DVD(無修正DVD)通販購入について

裏DVD(無修正DVD)の通販サイトについては、今やネット上に星の数程存在していますが、大きく分けると以下の3つの種類に分類することができます。

A.海外運営の正規品を取り扱う合法サイト
B.海外運営のコピー品を取り扱う著作権法違反サイト
C.国内運営のコピー品を取り扱う完全違法サイト

もちろんB、Cの様なサイトを利用してはいけません。不慣れな方は見極めが難しいかもしれませんが、価格が安いサイトは避けるべきです。(合法サイトでは、だいたい1作品$25.00前後が相場)ましてや価格が円表示されているサイトは絶対にダメです。長くなるので割愛しますが、それこそ詐欺行為をはじめとする色々なトラブルが報告されています。

正直なところ通販については、A.合法サイトであったにしても、日本から購入するのはかなりグレーです。なぜなら、裏DVD(無修正DVD)自体が、日本では輸入禁制品に該当するからです。万が一見つかれば、税関で没収されます。(余程の事がない限り見つかることはないでしょうが、仮に見つかった場合は、所有権の任意放棄をする必要があります)但し、手元に届いた裏DVD(無修正DVD)については、個人が楽しむための単純所持であれば特に問題になることはありません。

以上の様な事から、裏DVD(無修正DVD)の通販についても、基本的にはお勧めしていません。

結論!

現在、最も合法的且つ安心安全に、趣味嗜好に合った無修正動画を楽しむためには、やはり海外で合法運営している有料無修正動画配信サイトから作品(コンテンツ)をダウンロードするという事が最良の方法であることは間違いのない事実です!

安心安全な無修正動画ダウンロードライフのために>>

ページの先頭へ